[Nefry BTとGrove接続実験] リレー

注意:Groveリレーモジュールの電子回路は5V用に設計されているようなので、Nefry BTが供給する3.3Vでは回路が壊れる可能性があります。筆者の環境では下記の内容で動作しましたが、壊れないことを保証するものではありません。

リレーモジュール

私が購入したGROVEスターターキットV3に入っていたリレーモジュールは、Relay V1.2というモジュールです。スイッチサイエンスさんの単体販売ページに掲載されているものと同じです。

Groveリレー

右側の黒い箱がリレーです。左にある緑色部分にOn/Offしたい機器のケーブルを接続します。ケーブルの固定は上部のマイナスネジを回して行います。

リレーモジュールの動作

1(HIGH)を送ると回路が接続し、0(LOW)を送ると回路を切断します。接続する回路は、リレー上面に記載されている仕様を満たしていなければなりません。

リレーモジュールには回路の接続/切断状態を表すLEDが取り付けられています。回路が接続状態のときLEDが点灯し、切断状態のときLEDが消灯します。

回路が接続状態のときLEDが点灯

プログラム

1秒ごとに回路の接続・切断を繰り返すプログラムです。digitalWrite(ピン, 設定値) を使ってHIGHとLOWを交互に設定しています。

諸元

名称Relay
リレー
バージョンv1.2
Seeed社 Wikihttp://wiki.seeedstudio.com/Grove-Relay/
スイッチサイエンス商品ページhttps://www.switch-science.com/catalog/807/
Nefry BT無印 動作ソケットD2, A0, A2
Nefry BT R2 動作ソケットD0, D2, D5, A0(プログラム上はA1)

「Nefry BTとGroveモジュール接続実験」 トップページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください