[Nefry BTとGrove接続実験] ブザー

ブザーモジュール

私が購入したGROVEスターターキットV3に入っていたブザーモジュールは、Buzzer V1.2というモジュールです。スイッチサイエンスさんの単体販売ページに掲載されているものと同じです。

Groveブザーモジュール(表)
Groveブザーモジュール(裏)

ブザーモジュールの動作

ブザーモジュールはデジタル出力モジュールです。1(HIGH)を送るとブザーが鳴り、0(LOW)を送るとブザーが止まります。音量の調整はできません。かなり大きな音が出るので、静かな部屋だとびっくりします。

プログラム

1秒間音を鳴らした後1秒間音を止めるという動作を繰り返すプログラムです。

setup( )関数内のpinMode(PIN, OUTPUT)で、GPIOピンを出力に設定しています。loop( )関数内では、まずdigitalWrite(PIN, HIGH)でHIGHを出力して音を鳴らし、delay(1000)で1秒間待ちます。次にdigitalWrite(PIN, LOW)でLOWを出力して音を止め、delay(1000)で1秒間待ちます。

メロディーを演奏するプログラム

Seed Studio社のGrove Wikiページにはブザーでメロディーを演奏するプログラムが掲載されています。

下記のリストでは、Nefry BTで動作するように、19行目のBUZZER_PINの設定をコメントアウトし、24行目でBUZZER_PINの値を変更してあります。

60-70行目のplayNote(char note, int duration )が、指定された高さの音を鳴らす関数です。引数noteはnames[ ]配列に入っている’c’, ‘d’,・・・で音の高さを指定します。’c’は’ド’, ‘d’は’レ’, ・・・です。引数durationはその音を鳴らす時間をmsで指定します。tones[ ]配列は、音の矩形波がHight/LOWになっている時間をmicro second単位で覚えています。

51-58行目のplayTone(int tone, int duration)が実際に音を鳴らしている関数です。digitalWrite(BUZZER_PIN, HIGH)でブザーを鳴らしdelayMicroseconds(tone)でtoneで指定されたmicro secondだけ待ちます。次にdigitalWrite(BUZZER_PIN, LOW)でブザーを止めdelayMicroseconds(tone)でtoneで指定されたmicro secondだけ待ちます。toneで指定されるmicro secondが非常に短い時間なので、このOn/Offの繰り返しで音の高さを調整しています。音を鳴らしている時間の調整は52行目で行なっています。

実行してみると、綺麗な音ではありませんが、一応メロディーに聞こえます。

諸元

名称Buzzer
ブザー
バージョンv1.2
Seeed社 Wikihttp://wiki.seeedstudio.com/Grove-Buzzer/
スイッチサイエンス商品ページhttps://www.switch-science.com/catalog/804/
Nefry BT無印 動作ソケットD2, A0, A2
Nefry BT R2 動作ソケットD0, D2, D5, A0(プログラム上はA1)

「Nefry BTとGroveモジュール接続実験」 トップページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください