M5StackにGrove SHT31温度湿度計をつないでみた

Grove SHT31温度湿度計をM5Stackにつないでみました。接続はGroveケーブルを使ってM5StackのGroveソケットに挿しました。

Groveソケット接続

プログラムはSeeed StudioのGrove WikiのSHT31のページにあるライブラリとサンプルコードを使いました。

変更点は、

  • 1行目に #include <M5Stack.h> を追加
  • 10行目にM5.begin( ); を追加
  • 12行目のボーレートを115200に変更
  • 29行目にLCDへの表示を追加

だけです。LCD表示はスクロールのコードを書いていないので、画面最後の行まで到達したらそれ以降画面更新はありません。

Groveソケットを使わないで、GPIO端子に接続するのも試してみました。接続ケーブルはGrove-4ピン-ジャンパメスケーブルを使い、接続先は、

黄 → SCL(GPIO22)
白 → SDA(GPIO21)
赤 → 3.3V
黒 → GND

としました。

GPIO端子に接続

こちらも問題なく動作しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください